论《细雪》的叙事手法-日语毕业论文.doc

想预览更多内容,点击预览全文

申明敬告:

本站不保证该用户上传的文档完整性,不预览、不比对内容而直接下载产生的反悔问题本站不予受理。如果您已付费下载过本站文档,您可以点击这里二次下载

文档介绍

毕业论文(设计) 学 院 题 目 年级 专业 班级 学号 姓 名 指导老师 职称 论文提交日期 2018 论文答辩日期

毕业论文

论《细雪》的叙事手法

一、论文说明

二、参考范文

要旨:

 谷崎潤一郎の『細雪』は彼の中後期の代表作の一つである。デビュー以来、「悪魔主義」「官 能主義」などで有名であった谷崎は、この作品で以前とは違う作風を表し、評論家たちから は「古典回帰」という評価を受けた。この作品で表されている「谷崎美学」についての研究 は多かったが、絵巻物のような描き方についても、多くの研究者の興味を引いている。当論 文は物語学の面から『細雪』を詳細に読み込んだうえ、その物語の語り方を様々な角度から 分析している。

当論文は五つの章で構成される(序章、正文の三つの章及び終章)。 序章は、まず谷崎潤一郎の創作生涯の様々な期間を回顧する。その創作期間の分け方は様々

であるため、期間の整理をせず、期間ごとの代表作とスタイルを紹介する。二十五歳でデビ ューして以来、関東大震災の後に関西へ移住し、戦後に至るまで、谷崎は旺盛な創作力をも って大量の作品を書き続けていく。官能や神秘の色合いが強かった早期作品と、晩年の母恋 いと近親相姦的愛欲の系譜の作品の間に、『源氏物語』現代語訳と『細雪』の二部の大作が作 られ、この二つの作品の間には深い相関関係がかいま見られる。谷崎の創作の行く道を回顧 し、また同時代の永井荷風や志賀直哉と比べることにより、谷崎の作品は鮮明な個人の色彩 を持っていることがわかる。最後に、三島由紀夫がまとめた谷崎文学の三つの命題を通じ、

『細雪』が谷崎の創作生涯及び日本文学史に与えた重要性を示す。 第一章は『細雪』のバックグランドを簡単に紹介する。バックグランドは時代背景や物語

のあらすじ、及び作中人物と作者の周りの実在人物の関係を含めている。また、今までの四 つの方

您可能关注的文档

最近下载