对《细雪》的女性形象分析-日语毕业论文.doc

想预览更多内容,点击预览全文

申明敬告:

本站不保证该用户上传的文档完整性,不预览、不比对内容而直接下载产生的反悔问题本站不予受理。如果您已付费下载过本站文档,您可以点击这里二次下载

文档介绍

毕业论文(设计) 学 院 题 目 年级 专业 班级 学号 姓 名 指导老师 职称 论文提交日期 2018 论文答辩日期

毕业论文

对《细雪》的女性形象分析

一、论文说明

二、参考范文

要旨:谷崎潤一郎は日本唯美派文学の大家である。初期作品は、殘酷と虐待から痛切な快感を求める、肉体の非道に女性の美を表現する。後期作品は日本古典と東方伝統に帰る。谷崎潤一郎の小説の世界はグロテスクと怪異に満ちる。醜さの中に美さを探して、死の中で生きる意味を考える。

谷崎潤一郎の力作『細雪』、彼の文学思想を十分に表現した。全文は独特の視点で日本古典美の世界を構築した。美しい雪子のお見合いをするストーリを大筋にして、大阪船場の旧式の家庭の中で四姉妹それぞれ違う生活経験を描いている。展示するのは読者に日常生活の中で四姉妹のそれぞれ違う女性像である。四姉妹の性格、愛情、婚姻と運命から日本の伝統的な美さを体現している。古典主義的で上質な風俗小説と言われている。

『細雪』という小説を読んで『細雪』についての文献を調べて、そして『細雪』の映画を見た後で女性像への分析はもっと深い認識があった。

この論文の研究の主な内容は四姉妹の性格と愛情などを分析して谷崎潤一郎が追求する日本の伝統美をさらに検討することである。

本論の第一章は作者と作品の創作背景を紹介している。作品の登場人物、人物関係、作品のあらすじ、世界への影響を与えることなどである。

本論の第二章は主に作品の中で四人女性の生活、愛情などを合わせて女性像を分析している。

本論の第三章は主に四つの女性像の違いを分析して日本女性の伝統美と作者の女性価値観をさらに強調する。

キーワード:谷崎潤一郎、細雪、女性像、伝統の美しさ

目次

要旨

中文摘要

1.谷崎潤一郎と『細雪』-1

1.1谷崎潤一郎の文学生涯-1

1.2 『細雪』の創作背景-2

1.3 『細雪』の粗筋-

您可能关注的文档

最近下载